笑顔の女医

がんの転移を予防する治療法|三大治療と免疫療法を知ろう

スムーズに診察を終える

聴診器とキーボード

平野区で病院を受診するとき、具合が悪くて受付や会計などに手間取ることがありますがあらかじめ流れを把握しておくと比較的簡単に診察を終えることができます。また、事前に症状についてメモをしておくとよいでしょう。

Read More

体内の細胞を増殖させる

手

NK細胞療法では、体の中にあるNK細胞を二週間かけて培養し増殖させることによってがん細胞を治療していきます。自分の細胞を使うので副作用もなく体に掛かる負担が少なくなります。

Read More

定期的に検査を行なおう

横になる中年女性

直腸がんは正確な原因が判明していない病気で、大腸がんの一種です。腹痛を伴って血便や便秘などが起こるので痔と間違われやすいので、診察の時は内科よりも大腸専門の科を受診しましょう。

Read More

進化した治療方法

患者と先生

がんは日本人の死因としてトップの病気で、二人に一人が発症しています。がんは一度発症すると、腫瘍を取り除いても再び発症したり転移を繰り返すので手術を終えた後もなかなか不安が解消されません。そのため、がんの転移や再発をなるべく抑える治療方法についてしっかり把握しておきましょう。通常、がん治療では最初に外科手術によって腫瘍を切除することから始めます。ところが、腫瘍はある程度まで大きくならないと見えない上に、手術ですべてのがん細胞を取り除ける確率はそこまで高くありません。外科手術でほとんどのがん細胞を取り除いても、少し残っているだけで再発して血液やリンパの流れに乗って他の場所に転移してしまいます。そこで、予防のためには切除手術後早急に放射線治療や化学療法を行なって、切除できなかった分を最大限減らすことが重要です。そのため、外科手術と放射線治療、化学療法はがんの三大治療と言われているのです。また、最近では三大治療に加えて免疫療法という新しい治療法が確立されています。ほとんどの場合、治療中に放射線や抗がん剤で体に副作用を引き起こしてしまいます。しかし免疫療法は患者の体にある免疫細胞を培養してがん治療を行なっていくので強い副作用や拒絶反応が起こる確率が大幅に減ります。そして、腫瘍をしっかりマークして的確に攻撃を仕掛けるので全身に散らばった腫瘍を消し、他の正常な細胞を傷つけること無く治療が行えます。医療技術が進化した現在はがんを転移させないための治療法がたくさんあるので、再発せずに完治させることも不可能ではありません。